とりあえずの備忘録

備忘録(びぼうろく)。主にパソコンやインターネットに関する様々なことを個人的にメモしています。

BIND ドメインを設定する

IPアドレスが192.168.0.23のサーバーに、ドメインmyserver.comでもアクセス出来るように設定したときのメモです。「お名前.com」を使用。

ネームサーバーとは?

インターネット上でのコンピュータの名前にあたるドメイン名を、住所にあたるIPアドレスと呼ばれる4つの数字の列に変換するコンピュータ。
個々のネームサーバは自分が管理するネットワークに接続されたコンピュータのドメイン名とIPアドレスの対応表を持っており、外部からの問い合わせに答える。
インターネットには無数のネームサーバが存在しており、ドメイン名に対応した階層構造になっている。最上位に位置するネームサーバは「ルートサーバ」と呼ばれ、全世界に13台が分散配置されている。
全世界のネームサーバが連携してドメイン名とIPアドレスを対応させるシステムを「DNS」(Domain Name System)と呼ぶため、ネームサーバは「DNSサーバ」とも呼ばれる。

ネームサーバとは 【name server】 - 意味・解説 : IT用語辞典

ネームサーバーを設定する

BINDの設定ファイルnamed.confにマスターのネームサーバーを追加する

#vi /etc/named.conf

↓追加する
zone "myserver.com" {
 type master;
 file "/var/named/myserver.com.db";
};

ゾーンファイルを作成してネームサーバーの動作を記述する

#vi /var/named/myserver.com.db

↓記述する
$TTL 14400
@ IN SOA ns1.myserver.com. root.myserver.com. (
   2008111401
   14400
   7200
   3600000
   86400 )

 IN A 192.168.0.23
 IN NS ns1.myserver.com.
 IN NS ns2.myserver.com.
 IN MX 0 mail.myserver.com.
ns1 IN A 192.168.0.23
ns2 IN A 192.168.0.23
mail IN A 192.168.0.23
www IN CNAME myserver.com.
blog IN CNAME www

@ IN SOA ns1.myserver.com. root.myserver.com.

  • myserver.comのマスターネームサーバーは、ns1.myserver.com
  • 管理者のメールアドレスは、root@myserver.com

IN A 192.168.0.23

  • myserver.comのIPアドレスは、192.168.0.23

IN NS ns1.myserver.com.」「IN NS ns2.myserver.com.

  • myserver.comのネームサーバーは、ns1.myserver.comとns2.myserver.com
  • ※ns2はスレーブのネームサーバー。マスターの予備なので本当は別マシンにしたい

IN MX 0 mail.myserver.com.

  • ユーザー名@myserver.com宛メールは、mail.myserver.comへ転送

www IN CNAME myserver.com.

  • www.myserver.comは、myserver.comの別名

BINDを再起動する

# ps -ef | grep name
# kill -HUP 1016

namedのプロセスIDを調べて、killコマンドで再起動する。

ネームサーバーを反映させる

お名前.com等のドメインを取得したところにネームサーバーを登録する

ネームサーバーのホストとIPアドレスを登録する。

f:id:notei:20160630115805j:plain

myserver.comに対するIPアドレスの問い合わせを答えるネームサーバーを登録する。

f:id:notei:20160630115905j:plain

登録後しばらく時間が経過(数分~2,3日)すると、インターネット全体にこの情報が行き渡る。

動作確認

ブラウザでwww.myserver.comを開くと、対応するIPアドレスを問い合わせに行く。
それを答えるネームサーバーは、ns1.myserver.com(192.168.0.23)だと通知する。
今回設定したネームサーバーへ問い合わせに来るので、対応するIPアドレスを答える。

 

関連エントリーはこちら。