とりあえずの備忘録

備忘録(びぼうろく)。主にパソコンやインターネットに関する様々なことを個人的にメモしています。

ポータブルfirefox 移行メモ2

の続きです。 まずは「アドオン(拡張機能)の設定」をバックアップします。

ポータブルfirefox 移行メモ1

「ポータブルfirefox」の移行メモ。 最新版のポータブルfirefoxに移行するには、「Data」フォルダにある「profile」フォルダを上書きすればいいのですが、まっさらな状態から移行したいときに行った個人的なメモを書いておきます。説明は「27.0→33.0」へ移行…

情報処理 ITサービスマネジメント インシデント管理と問題管理

ITサービス運用に対してのベストプラクティスを体系化したものが、ITIL(アイティル)である。その中のひとつに、サービスサポート機能がある。 サービスデスク ITサービスを利用する顧客に対して提供する一元的な窓口。 受けた内容をCMDB(構成管理データベ…

情報処理 2進数と8進数と16進数の変換

2進数と8進数と16進数の変換は、慣れないうちは対応表を書いてしまったほうが早い。そして何度も書くことで頭に叩き込む。

情報処理 2進数と10進数の変換

2進数を10進数に、10進数を2進数に変換する方法を例を挙げて説明する。 2進数と10進数の相互変換 2進数「1011.101」を10進数に変換する 桁ごとに重み付けをする。

Win32 API 文字列をフォントを変えて表示する

ウィンドウプログラミングで文字列を加工して表示する。 CreateFont関数を使ってフォントを作り表示 フォント種類「HG創英角ポップ体」、高さ「18」、スタイル「斜体」にする ウィンドウプロシージャから抜粋。引数のウィンドウハンドルは、hWnd。

Win32 API ウィンドウのクライアント領域のサイズを取得する

ウィンドウプログラミングでウィンドウのクライアント領域のサイズを表示する。 GetClientRect関数を使って表示 ウィンドウのクライアント領域に、幅と高さを表示する ウィンドウプロシージャから抜粋。引数のウィンドウハンドルは、hWnd。

Win32 API 文字列に色をつけて表示する

ウィンドウプログラミングで文字列に色をつけて表示する。 SetTextColor関数を使って文字に色をつけて表示 ウィンドウのクライアント領域に、x座標50でy座標10の位置に赤色で表示 ウィンドウプロシージャから抜粋。引数のウィンドウハンドルは、hWnd。

Win32 API 文字列を表示する

ウィンドウプログラミングで文字列を表示する。 ウィンドウのクライアント領域に、x座標50でy座標10の位置に文字列を表示する。 「BeginPaint関数」と「GetDC関数」の2通りを提示する。 BeginPaint関数を使ってデバイスコンテキストを取得して表示 ウィンド…

Linux 更新日を条件にしてファイルを検索する

findコマンドを使用する。 3日以内に更新されたファイルを検索する $ find . -mtime -3 カレントディレクトリ以下を検索します。