とりあえずの備忘録

備忘録(びぼうろく)。主にパソコンやインターネットに関する様々なことを個人的にメモしています。

PHP-基本

PHP 配列のループ処理をする

配列のループ処理で使う各機能のメモ。 list()で配列の値を複数の変数に代入する '; //1番目と3番目の要素を取得 list($name, , $age) = $member_info; echo $name . ', ' . $age . '

PHP 文字列を置換する

文字列をstr_replace関数とstrtr関数を使って置換する ' . $moji2 . '<br />'; echo 'strtr -> ' . $moji3 . '<br />'; ?>

PHP 文字列を分割する

explode関数を使って文字列を分割する $value) { echo 'array[' . $key . ']=' . $value . '<br />'; } ?>

PHP 文字列の一部分を取得する

substr関数を使って文字列の一部分を取得する substr([文字列], [開始位置], [長さ])と指定して使う。

PHP defineによる定数の名前を変数で指定する

defineで定義した定数の名前を変数を使って指定する '; } else { echo '"' . $teisu . '" is not defi…

PHP 配列の値の合計値を求める

配列の値の合計値(和)を求める。 配列の要素ひとつずつ取り出して足して求める

PHP 日本語の曜日を取得する

今日の日付から英語の曜日と曜日番号を取得する '; //曜日番号 echo date('w'); ?> 「出力結果」 Friday 5 曜日番号は、"日~土"を"0~6"までの番号で表す。

PHP 数字をカンマ区切りで出力する

数字をカンマ区切りで出力する 「出力結果」 123,456,789円

PHP 一定範囲の連続する値を持つ配列を作る

range関数を使って一定範囲の連続する値を持つ配列を作る $value) { echo '$list1[' . $key . ']=' . $value . '<br />'; } echo '<br />';

PHP 変数の値を変数名として使用出来る可変変数

$data01='apple';という代入を可変変数を使って行う

PHP シェルを通じてコマンドを実行して結果を出力する

PHPからサーバーの負荷を調べるコマンドを実行して出力する 「出力結果」 17:49:16 up 1 days, 2:37, 1 users, load average: 0.00, 0.00, 0.00

PHP 指定した関数が定義されている(使用可能)かを調べる

エスケープ処理用関数を定義されている(使用可能)かに合わせて切り替える

PHP 連想配列を変数に展開する

extract関数に連想配列を渡して変数に展開する 'yamada', 'address' => 'tokyo', 'age' => '23' ); //変数に展開 extract($user_array);

PHP 変数をまとめて連想配列を作成する

compact関数に変数名を渡して連想配列を作成する $value) { echo '$result[' . $key . '] = ' . $value . '<br />'; } ?>

PHP short_open_tag=OnでPHPのタグをスッキリさせる

PHPのshort_open_tagをOnにする 「php.ini」 short_open_tag = On short_open_tagをOnにするとPHPタグを短縮出来る PHPタグの" さらに、"

PHP フォーマットされた文字列出力の記述をスッキリさせる

訪問回数を表すメッセージをsprintf関数を使って出力する

PHP 配列に要素を追加する

配列に二通りの方法で要素を追加していく

PHP 文字列出力で囲み文字にシングルクォーテーションとダブルクォーテーション使用時の違い

文字列出力にシングルクォーテーション(')を使った場合 $message¥n<br />にようこそ¥n</p>'; ?>

PHP ヒアドキュメントで出力の記述をスッキリさせる

変数の内容をテーブルで出力する(通常) 「PHPスクリプト」

PHP 3項演算子でif文をスッキリさせる

変数の数値が偶数か奇数か判定する 3項演算子を使った場合

PHP 数学的な計算をする

少数点以下の切り上げ、切り捨て、四捨五入を計算する '; //切り上げ echo floor($fno1) . ',' . floor($fno2) . '<br />'; //切り捨て echo round($fno1) . ',' . round($fno2); //四捨五入 ?>

PHP 外部ファイルを読み込む

「main.php」に外部ファイル「sub.php」を読み込む方法と、その振る舞いの違いについて。 require文(include文)を使って読み込む 「sub.php」 「main.php」

PHP ランダムテーブルを作成する

shuffle関数を使って配列をシャッフルする 1~5まで整数値のランダムテーブルを作成する。 '; foreach ($table as $key => $value) { echo '$table[' . $key . ']=' . $value . '<br />'; }

PHP 閏年(うるう年)か判定する

閏年(うるう年)は、西暦が4で割り切れて、かつ、100で割り切れない年。または、400で割り切れる年。 POSTで送信された西暦年を閏年(うるう年)か判定する

PHP ふたつの日付から何日間離れているか調べる

ふたつの日付「2008-01-10」「2008-03-14」が何日間離れているか調べる //日付をセット $pDate1 = '2008-01-10'; $pDate2 = '2008-03-14'; //日付をUNIXタイムスタンプに変換 $TimeStamp1 = strtotime($pDate1); $TimeStamp2 = strtotime($pDate2);

PHP アクセス元のIPアドレス、ホスト名を調べる

アクセス元のIPアドレスとホスト名を調べる IPアドレスは、サーバー変数を使用して取得する。ホスト名は、gethostbyaddr関数にIPアドレスを渡して取得する。 $ip = $_SERVER["REMOTE_ADDR"]; $host = gethostbyaddr($ip);

PHP 今日、翌日、1ヵ月後の日付を得る

今日、明日、1ヵ月後の日付を表示する echo '今日:' . date("Y-m-d") . '<br />'; echo '明日:' . date("Y-m-d", strtotime("+1 day")) . '<br />'; echo '1ヵ月後:' . date("Y-m-d", strtotime("+1 month")) . '<br />';

PHP isset関数とempty関数で変数の状態を調べる

変数$hensuをisset関数とempty関数で調べて返り値$rtを得る isset関数の場合 isset関数は、値が入っているか調べる。 $rt = isset($hensu); false ⇒ $hensuが未定義・NULL true ⇒ それ以外の状態

PHP ランダムな値を得る

整数値1~10までをランダムに得る srand( (int)( ( (float)microtime() ) * 1000000 ) ); $num = rand(1,10); echo $num; 1~100までならばrand(1, 100)とする。